NPO環~WA

里山保全活動 農業体験 

TEL.080-5445-2590

〒311-3157 茨城県東茨城郡茨城町小幡2590

農業体験

2017年2月 冬の畑

ここはどこ?っというくらい、畑の景色が冬でした。なぜなら、先日の雪が畑半分を埋めていたから。立春は過ぎたのに春は何処に?!

っと言うことで、今日の作業は、冬の風物詩『籾殻燻炭作り』です!籾殻を運ぶ我らの代表、平澤文子さん。頼もしい限りです!

わっせわっせと籾殻を運び、燻炭作りスタート!

籾殻燻炭作りは時間が掛かるので、その間にブルーベリーの剪定及び、畑前の道の轍を修正しました!

〇ブルーベリーの剪定

剪定前


剪定中

込み入っている枝や細い枝は迷いなくどんどん剪定


剪定後
とてもサッパリしました。

〇轍の修復
以前から気になっていた轍。荷台の高い車なら良いのですが、乗用車だと底を擦る恐れが。。。
まだ土の柔らかいうちに、修復してみました。

何となく平らになったかしら?


あれこれしているうちに、日暮れとなり、今日の作業は終了!
畑の作物も、寒さに耐えて育っています。

来月はひたすら種蒔き。その前に、畑の雪が解けてくれますよーに

2016年12月 ブルーベリー苗の定植

2016年12月1日 畑日記
こんにちは、畑班ミカエです。

この日が来ました!
ブルーベリー苗の定植です!!

今日は、ブルーベリーの師匠 河野先生をお呼びしました。
そして、強力な助っ人が城里町よりいらっしゃいました。井出さんと下条さんです。
我々スタッフも含め、合計5人で苗の定植です。
img_4113

まず、苗の位置だし
img_4098

苗の定植個所にピートモスを投入。耕運機で畑の土と混ぜます
img_4099
img_4105

そして、苗を植えるために穴を掘ります。
img_4108

苗木の根鉢周りには湿ったピートモスで覆い、苗を植えます。
img_4107
img_4072

植えた苗を上から足で踏みつけます。
img_4076

そしてそして、根鉢に肥料をやり、その後もみ殻で苗木の根元を覆います。
img_4111

最後に、もみ殻も軽く土で覆いました(風で飛ばされないように)
img_4095

これでブルーベリー苗の定植完了です。合計10本植えました。
img_4112

作業後には、甘いものが欠かせませんね。
井出さんが素敵な焼き芋(つぼ焼き芋)を持ってきて下さいました。このサツマイモ、井出さんご自身で栽培したものです!
img_4115
img_4116
作業後のお腹に染みわたりました~(*^▽^*)

そして、河野師匠からは、今回の作業参加賞として、河野さんが栽培して加工したキウイのコンポートを頂きました!
img_4118
これも、ほっぺたが落ちるほど美味しかったです!

今回の作業は、河野さん、井出さん、下条さんがいなかったら、こんなにスムーズに進まなかったと思います。ご協力ありがとうございます。
今日植栽したブルーベリーも大切に育てて、3年後に実りがあるよう、これからお世話をしていきたいと考えてます。

では皆様、また~
img_4114
河野師匠!!

2月の畑作業

春の種まきに先立ち、土づくりスタート!

用意してある堆肥は
・嫌気発酵させた竹パウダー(自家製)
・牡蠣殻石灰(宮城県産のものを購入)

   12778938_1149156958428255_8873016933355389881_o

・もみ殻燻炭(自家製)
   IMG_6490_resize 12819370_1149157025094915_8170359980321339430_o

・牛糞堆肥(いただきもの)

   IMG_6648

・落ち葉堆肥(自家製)

今回は竹パウダー、牡蠣殻、牛糞を耕運機で漉き込みました

   12779029_1149156895094928_7642818234725125669_o

そして
もみ殻燻炭づくりは
経験を重ねるごとに出来が良くなってきましたよ~

今年は去年の反省をふまえつつ
作付けの面積と種類を増やします!