NPO環~WA

里山保全活動 農業体験 

TEL.080-5445-2590

〒311-3155 茨城県東茨城郡茨城町下土師1821

お知らせ

NPO環~WA事務所移転のお知らせ

2017年11月1日付で事務所を移転いたします。

新事務所住所: 〒311-3155 茨城県東茨城郡茨城町下土師2590

NPO環~WAは団体設立5年目を迎えました。
「里山循環の再生」「自然循環型地域社会づくり」「循環する持続可能な社会を担う人材の育成」を団体の目的とし、荒れた里山の整備、里山循環型農業、環境教育に取り組み、多くのボランティア協力やご支援を賜り、実績を重ねて参りました。

里山の管理を継続的に進めると、整備によって大量の材が排出されます。
「排出材(間伐材、竹、剪定枝、落ち葉等)を資源として利用することで、地域の自然資源が循環し、地域経済も循環する里山での暮らしのスタイルを創ろう」と、フィールドを整備し、バイオマスをエネルギーや農業資材として利用する試みをしています。

バイオマスは「薪」「木質ペレット」「発酵竹パウダー肥料」「建物資材としての竹利用」として利用しています。

また、篠や葛に覆われ壊滅した山林を蘇らせた新たな森に「風の丘」と名付け、針葉樹、落葉樹、果樹を植栽し育てています。

自然の荒廃や経済の循環の停滞には様々な原因がありますが、当団体は以下のテーマで課題解決に臨んでいます。

1.里山整備:人間の手を加えた人工の森「里山」の管理を行う
2.環境教育:里山管理を行うことで、自然界の叡智と循環のスピードを知る
3.資源利用:自然循環のスピードに沿って、里山資源を利用する
4.知恵・知識・体験の共有:1~3を共有する場を創る

事務所移転にあたっては、課題であった「4」を促進することを目指し、築50年の古納屋を自分たちの手でリノベーションしています。

新事務所の設備
・キッチン:畑や果樹園の作物を利用する場
・ワークショップスペース:自然をテーマとした様々な取り組みを発信する場に薪ストーブを設置
・工房:木工や金属加工を行う場
・小型ペレット製造ライン:間伐材や剪定枝でペレットを製造
・薪小屋:間伐材や剪定枝の薪利用

NPO環~WAの保全フィールド 6ha
・現在の保全フィールド:5ha(里山と農地)
・新たな保全フィールド:1ha(栗畑とスギヒノキ林)
 ※新事務所周りの栗畑(担い手を失っていた地)と人工林(管理放棄された林)あわせて1haが加わり、今後は6haを保全管理し、資源利用を推進して参ります。

予算のない市民団体の新たなチャレンジを、多くのボランティアおよびご協力、ご支援をいただいて実現できますことに、心より感謝申し上げます。

栗の丘やスギヒノキ林に囲まれ、広い空が仰げる開放的な新事務所。
多様なアクションに取り組む方々が集う場となりますように。

新たなフェーズを迎えたNPO環~WAで、みなさまのお越しをお待ちしております。

2017年11月1日
NPO環~WA 代表理事 大和文子(旧姓:平澤)

新年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

旧年中はNPO環~WAの活動を応援いただきありがとうございました
本年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします

NPO環~WAを立ち上げて3年目の昨年
仲間が増え 多くの皆様のご支援とご協力により
団体の目的に向けて また一歩進めることができました
心より感謝申し上げます

荒れ果てていた里山で間伐や竹駆除を進めたことで
光が差し込み

森の資源を畑の資材や肥料として使った
循環型農業を本格スタート

畑の恵みを森のエネルギーで炊いたり
里山の実りをくらしの中で楽しく使う
ワークショップのバリエーションが増し

東京での取組や都市農村交流も広がり

里山・水辺・エネルギー・食について
体験的に学ぶ機会が更に増え

人間が自然と共生するためのサイクル
植える~育てる~採る~利用する(いただく)

を多くの皆様と体験できた一年でした

4年目となる今年
NPO環~WAはステップアップします

里山整備を継続しながら
会員制の農業体験プログラムをスタートする予定です

また、学校(または親子)向け環境学習を充実させたいと考えていますので
子どもたちに体験の場を、とお考えでしたらご一報ください

気候変動による自然災害、生態系・土壌・海洋の変化
自然なくしてはいのちをつなげないわたしたち人間は
本気で暮らし方や社会の在り方を考え
選択を変えていかなければなりません

お話の中(人から聞いた話)で環境を捉えるのでなく
本物のフィールドで直に体験し
体験から得た気づきや学びを元に
行動に移していく

自然の中で働くことは大変です
しかし大変だからこそ学びが恵みが得られる

自然界からの教えと恵み
偉大なる自然界のシステム

自然のシステムにそぐわない仕組みは短命なのではないでしょうか
人間の力には限界があることは近年の様々な現象や事故をみれば明白です

わたしたち人間も自然界の一部
自然循環のなかでいのちをつなぐには
賢明な生き方をしなければなりません

凌駕や戦いでなく
どうしたら共存し循環していけるのか

取組を通してその答えを探して行きたいと思います

楽しく、美味しく、働きながら
みなさまと共に

「申」という字は
「樹木の果実が熟して固まっていく様子」を表しているそうです

みなさまにとって豊かな実りある年となりますように

NPO環~WA 代表理事 平澤文子

【ご案内】2015年_TOTO夏まつりin桜川

環~WAの活動に助成くださり、毎月の活動にマンパワーで協力もしてくださっている
TOTO茨城工場で恒例の夏祭りが開催されます!

日時:8月1日 17:00~
場所:TOTO茨城工場
住所 茨城県桜川市西小塙1812-1

TOTO夏まつりin桜川

6月27日定期活動中止のお知らせ

6月26日午後7時現在、水戸地方の天気予報によると
今夜から明日の正午まで雨の予報となっています。

林内での作業の危険性と畑の作業が困難なことが予想されるため
明日27日の定期活動は中止とさせていただきます。

2015年6月6日 「さつきまつり」@日立製作所水戸工場で体験プログラムを実施します

チラシ表 チラシ裏

日立製作所水戸工場の「さつきまつり」は広大な工場を一般開放して実施されるイベントです。
NPO環~WAは、工場内にある雑木林(通称:さぎ山)を多くの人に知っていただこうと
森の生きものや森の資源を楽しむコーナーを設けます。
ご来場をお待ちしています!

※さつきまつりの詳細やご来場にあたっての注意事項は添付のチラシをご覧ください。
日時:6月6日(土)9:00~13:00
場所:日立製作所水戸工場

環~WAは工場内2か所で4つのコーナーを設けます。
◇さぎ山(ブースNo.35)※G1タワー傍の鳥居の横
 ①カブト虫探し
 ②丸太のコースターづくり
◇環境展(ブースNo.19)
※協賛・協力:伸栄工業(㈱)、木質ペレット推進協議会
 ③木質ペレットづくりとぺレットストーブ燃焼実演、キリンさん発電
 ④キリンさんカフェ